一般目標・行動目標


一般目標(GIO)行動目標(SBO)

初期研修イメージ

GIO《Ⅰ》

専門性にとらわれることなく、すべての医師に求められる基本的・総合的な診療能力を身につけることができる

  1. ①社会人としての良識・マナーを習得できる。
    ②業務のタイムマネジメントを行い、効率的に業務を遂行することが出来る。
  2. ①受け持ち医としての責任を持った患者対応が出来る。
    ②主治医不在の際の臨時対応が出来、必須事項を適切に主治医に申し送ることが出来る。
  3. 患者・家族およびスタッフとの良好な信頼関係を確立することが出来る。
  4. 得られた情報を簡潔に明瞭に記載することが出来る。
  5. 的確な問診を行い、系統的に全身の理学所見をとることが出来る。
  6. ①問診・理学所見から問題点を広く抽出して初期診療計画を立てることが出来る。
    ②入院時に患者の予後を予測し、入院期間の凡その見通しを立てることが出来る。
  7. ①疾病のみでなく、心理的・社会的側面についても目を向けることが出来る。
    ②患者を生活や労働の場からとらえた診療計画を立てることが出来る。
  8. 基本的な臨床検査を過不足なくオーダー・施行し、結果の解釈が出来る。
  9. 計画に沿って遅滞なく診療を行い、その結果を随時評価することが出来る。
  10. ①救命救急処置に際し、バイタルサインを迅速正確に把握し、気道確保・人工呼吸・閉胸心マッサージ等の一次救命措置を的確に行うことが出来る。
    ②救命救急処置に際し、気管内挿管・気管切開・除細動等の二次救命措置を適切に行うことが出来る。
  11. ①専門医や他科へのコンサルトを的確に行うことが出来る。
    ②初期診療を広く正確に行い、その中で高度な治療や緊急性を要する疾患を遅滞なく、しかるべき専門科・高次医療機関に委ねる事が出来る。
  12. 診療情報提供書・診断書・処方箋・指示箋など各種文書を適切に作成・管理できる。
  13. ①記載・レセプト点検・症状詳記などを正確に行うことが出来る。
    ②レセプトの減点や返戻に的確に対処する事が出来る。
  14. ①指導医と症状説明に臨むとともに、患者・家族の理解度・受容の程度を把握することが出来る。
    ②患者・家族の理解と受容を配慮し、平易な言葉でわかりやすい病状説明を行うことが出来る。
  15. 終末期医療に際し、人間的・心理的ケアや家族への配慮を適切に行うことが出来る。
  16. 介護にあたる家族の管理が出来る。
  17. 死亡確認が出来る。
  18. 死後の法的処置を行い、指導医とともに剖検を家族に依頼し、積極的に剖検に参加できる。
  19. 死亡診断書・検案書を記載することが出来る。
  20. ①医療費負担および社会資源の概略を知る。
    ②在宅・往診医療の実態を知り、生活の場における診療についての理解を深める。

GIO《Ⅱ》

日常の医療活動を常に学術的に検討するとともに、新しい医学の成果を謙虚に学び、日々の実践に結びつけることができる。

  1. ①症例を与えられた時間内に簡潔にプレゼンテーションすることが出来る。
    ②症例を簡潔にまとめ、内外の学術発表の場に供することが出来る。
  2. ①国内外の文献を雑誌やインターネットを用いて検索し、診療の場に役立てることが出来る。
    ②英語の論文を読みその内容を簡潔にまとめて、わかりやすく提示することが出来る。

GIO《Ⅲ》

真のチーム医療を理解し、そのリーダーとしての役割を果たすことができる。

  1. ①多職種の業務の成り立ちを理解する。
    ②初期診療において必要な注意をチーム医療メンバーに適切に指示できる。
  2. ①職場の規則を遵守し、他職種と良好な関係を保つことが出来る。
    ②患者・家族への症状説明や療養指導などを、他職種との連携の下で効率的に行うことが出来る。
  3. ①チーム医療のコーディネーターとしての医師の役割を理解する。
    ②重症患者の治療やターミナルケアについて、積極的にチーム医療を推進することが出来る。
  4. ①在宅医療と訪問看護ステーション・公的福祉サービス・老人ホーム等との医療福祉ネットワークを経験することが出来る。
    ②病棟や往診のカンファランスにおいて他の医療スタッフと患者情報を共有し、方針を検討することが出来る。

GIO《Ⅳ》

広く社会・医療の情勢に目を向けて医師としての社会的役割を自覚し、患者の受療権や人権を守るための運動に取り組むことができる。

  1. 地域の特徴を理解する。
  2. 地域の保険予防活動を経験することが出来る。
  3. ①疾病と環境・社会との関係を理解することが出来る。
    ②症例を通して、医療制度・社会福祉性のどの内容
    その問題点を把握することが出来る。
  4. 地協青年医師交流集会等の各種会議を企画・運営することが出来る。

GIO《Ⅴ》

後継者育成のため、医学生や後輩研修医のよき相談相手として的確な指導や助言を行う。

  1. ①高校生医師体験の対応を行い、医師の社会的役割や仕事の楽しさを分かりやすく伝えることが出来る。
    ②医学生実習や医学対活動の対応を行い、地域医療を含めた民医連における医療展開や理念をわかりやすく伝えることが出来る。
  2. ①初期研修医会・青年医師会・医局会議等に積極的に参加し、自分の意見を述べることが出来る。
    ②よき先輩として下級研修医の相談相手となり、研修の模範を示すことが出来る。
  3. 研修制度を自ら点検し、改善する視点を持つことができる。
  4. 各院所の連携について理解を深め、的確な病診連携を構築することが出来る。