初期研修医の理念・基本方針・特長


汐田総合病院の医師養成理念

当院は各職員が医師養成の一翼を担っていることを意識し、高い医療技術を提供できるだけではなく、患者の立場に立って命と人権を守ることができる医師を養成する。

イメージ写真

汐田総合病院では、総合的な地域医療機関としての利点を生かした独自の医師研修プログラムを提供しています。

汐田総合病院の臨床研修の基本方針

  1. 専門性にとらわれることなく、全ての医師に求められる基本的・総合的な臨床能力を身につけた医師を養成する。
  2. 日常の医療活動を常に学術的に検討するとともに、新しい医学の成果を謙虚に学び、医療内容の充実と向上に結びつけることができる医師を養成する。
  3. チーム医療を理解し関連職種と良好な連携の中で、医療の責任者としての指導と援助を行える医師を養成する。
  4. 広く社会・医療情勢に目を向けて医師としての社会的責任と使命を自覚し、患者の命と人権を守ることのできる医師を養成する。
  5. 後継者育成のため、医学生や後輩研修医、関連職種の指導援助ができる医師を養成する。

研修プログラムの特長

  1. プライマリーケア研修
    導入期研修に引き続いての期間を設けました。この期間に、医師としての基本的診察法や検査法、基本的治療法の適応判断や実施、コンサルテーション、基本的手技の適応と実施が身につくよう配慮しました。
  2. 脳卒中研修
    研修教育認定病院でもあり、脳卒中を通してリスクファクターである生活習慣病管理、救急・集中治療、外科的治療法、リハビリテーション、療養ケア、介護・在宅ケアとの連携など、幅広い領域の基礎的知識と経験を学ぶことができます。
  3. 希望に合わせた研修(スキルアップ研修)
    関心の深い領域を継続的に研修したり、検査法を習得したいなどの希望がある場合、院内資源を活用して研修期間を通してその実施が可能なように配慮します(往診、外来、内視鏡検査、エコー検査、救急診療、健康診断業務など)。
  4. 総合的な外科研修
    基本科目である外科研修を総合的に行うために、整形外科や脳神経外科を組み入れることができます。
  5. 地域保健医療
    異なる規模、多様な医療活動を展開する診療所が協力施設となっており、在宅医療、病診連携、医療介護連携、など地域ケアの実態を学ぶことができます。
  6. 研修に専念できる
    初期研修中の身分は、協力型病院や協力施設での研修の際にも当院所属とし、施設が変わるときの手続きの煩わしさを極力省き、研修に専念できるようにしました。
  7. 自由度が高い
    研修科の選択期間を設けてあり、研修プログラムに自由度を持たせ、研修医が自身でプログラムを作れるようになっています。
  8. 総合医局
    総合医局となっており、他科の医師とのコミュニケーションが容易にでき、研修上も多くの医師から助言が得られるようになっています。
  9. 後期研修医
    院内に5名の後期研修医がおり、身近に研修の指導やアドバイスを受けることができます。
  10. 全国規模の学習の場
    院内カンファランスの他、全国の関連病院との研究会や交流会があり、研修に関する情報交換の場としても役立っています。また、年3回の学会やセミナーへの参加機会が保障されます。