健康コラム

掲載日:2020年7月3日

夏のコロナ対策


熱中症に注意

 新型コロナウイルスによる緊急事態宣言は解除されましたが、第2波、第3波と感染が再度広がることが懸念されています。メディアでは新しい生活様式が取り上げられ、感染症対策を継続することが求められています。しかし、これからの時期は感染症対策だけでなく、暑さ対策へも注意する必要があります。どのようなことに注意していけばいいでしょうか。

2002656-1

マスク対策

 マスクは今や感染対策に欠かせないアイテムですが、マスクは呼吸による体の熱の発散を妨げてしまうことがあります。小児の運動時などは外しましょう。2歳以下のお子さんはマスクをする必要はないと小児科学会でも言われています。また、マスクで口を覆うと喉の渇きを感じにくくなり、脱水になりやすいという報告もあります。

 高齢者や小児においては、脱水に気づきにくく訴えられないこともあるので、より注意が必要です。

エアコンと換気

 感染対策上はこまめに換気をする必要がありますが、換気によって室内の温度が上がってしまうことがあります。また、もったいないからとエアコンを付けないでいると体温が上がり熱中症になりやすくなります。換気は必要ですが、エアコンも適宜使用して夏を乗り切ってください。

水分補給と休憩

 熱中症だからと水だけを飲んでもあまり効果がありません。塩分も補う必要がありますので、市販のイオン飲料を少しずつこまめに補給してください。

 高血圧・糖尿病・心臓に疾患がある方は、基礎疾患が悪化する恐れがありますので飲みすぎに注意が必要です。主治医と相談しながら対策を進めてください。

 また、体調が悪い時や疲れている時は症状が悪化する恐れがあります。休息を適宜とって、早めに寝るなどの対策をしてみてはいかがでしょうか。