健康コラム

掲載日:2015年5月27日

膝痛を予防し、健康寿命をのばそう!


汐田総合病院リハビリテーション課

 膝の痛みに悩む中高年の方は全国で1800万人に!(厚生労働省)
 膝の痛みにより体を動かす機会が減ると、筋肉が衰え骨がもろくなり・・・体の機能がより低下します。こうした状態を防ぎ健康寿命をのばすためにも,筋力をつけることは非常に重要です。そこで、今月は膝痛予防体操について紹介します。

①太ももの前側の筋肉を鍛える(A、B)

A

(A) 膝を伸ばして座り、片方の太ももの前側(大腿四頭筋)に力を入れ、かかとを浮かせるように膝の裏を床に押しつける。

B

(B) 椅子に座り、片足をゆっくり上げて、膝が伸びたところで静止する。

2

②太ももの内側の筋肉を鍛える

膝を伸ばして座り、折りたたんだタオルを両膝の間に置く。太ももの内側の筋肉を意識しながら、ゆっくりと両膝でタオルを挟む。

3③太ももの外側の筋肉を鍛える

横向きに寝て上側の足をゆっくりと10㎝程度持ち上げる。

力を入れてから5秒間静止させます(各運動5回ずつ)
息をこらえず、無理なく行いましょう!

※こんなときは行わないで!
 ・膝の痛みが強い、腫れや熱がある
 ・膝関節が大きく変形している
 ・体操を行うと痛みが強まる
 ・心臓や肺に病気がある など

参考
・ライフプラン総合支援サイト のびのびねっと(一般財団法人 全国社会保険共済会)