回復期リハビリテーション病棟


病院機能評価 付加機能評価(リハビリテーション機能(回復期))Ver3.0認定

理念・基本方針

理念

患者様の損なわれた機能と生活能力の回復を支援するために、専門職がそれぞれの役割のもと、残存能力を生かしつつ、早期の在宅復帰のために最善のリハビリテーションを提供いたします。

基本方針

  1. 地域の医療機関と連携し円滑に回復期リハビリテーション病棟へ受け入れます
  2. 患者様の個別性を重視し質・量ともに充実したリハビリテーションを提供します
  3. 多職種の専門性を発揮しチーム医療で生活能力の回復を支援します
  4. 知識、技術及び接遇の質向上のため、職員は日々研鑽し最善のリハビリテーション提供に努めます
  5. 患者様に寄り添い、安全で安心な療養生活を送れる病棟づくりに努めます
  6. 患者様の退院支援は今まで歩んできた生活背景を踏まえ、地域の医療・介護・福祉サービス機関と連携して行います

施設基準

  • 回復期リハビリテーション病棟入院料1
  • 体制強化加算
  • リハビリテーション充実加算

病棟の特長

回復期リハビリテーション病棟

当院7階病棟は『回復期リハビリテーション病棟』で、急性期治療を終えた患者様が在宅・社会復帰へ向けてリハビリをする病棟です。

早期の在宅復帰を目指し医師、看護師、リハスタッフ、ソーシャルワーカーが密な連携をとり、病棟全体を1つのチームとして1人1人の患者様に関わっています。当病棟から約80%の患者様が在宅復帰され、その後必要に応じて外来や訪問リハ、短時間デイケアなど通所リハでの支援を行なっています。

カンファレンス1日の患者様のスケジュール表(リハビリ、入浴、検査等)を前日夕方に説明・配布し、患者様・家族・スタッフが確認できるようにしています。

カンファレンスでは各患者様に対してリハビリ目標や課題、家屋状況について検討し方向性を話し合います。

リハビリテーションは365日、毎日3時間のリハビリを目標に行っています(病状により訓練時間が異なります)。日本リハビテーション医学会専門医の診察や回診をもとにチームで計画を作成し、退院まで集中的なリハビリテーションを提供します。退院後の生活が安心して過ごせるよう、支援・調整を行います。

また、離床を促進し活動性を向上させるため、季節に応じたレクリエーションを介護福祉士中心に看護師、補助者で行なっています。

リハビリテーション課についてはこちらをご覧ください。→→リハビリテーション課

リハビリリハビリ

実績(2017年度)

入棟状況

 

院内からの転棟

紹介入院

直接入院

合計

脳血管疾患

42

180

0

222

運動器疾患

39

44

0

83

その他

0

0

0

0

廃用症候群

0

1

0

1

対象外

0

0

0

0

合計

81

225

0

306

紹介元病院名

病院名 件数 病院名 件数 病院名 件数
済生会横浜市東部病院 96 川崎幸病院 70 第一病院 13
聖マリアンナ医科大学東横病院 12 川﨑市立川崎病院 6 横浜労災病院 5
菊名記念病院 4 太田総合病院 2 日本鋼管病院 1
佐々木病院 1 総合新川橋病院 1 川﨑市立多摩病院 1
さいわい鶴見病院 1 大森赤十字病院 1 千葉県循環器センター 1
慶応義塾大学病院 1 京浜総合病院 1 横浜医療センター 1
けいゆう病院 1 宮川病院 1 東京都済生会中央病院 1
碑文谷病院 1 平成記念病院 1 南町田病院 1
都立墨東病院 1        
        合計 225

その他

新規入院重症患者比率 33.40%
重症患者改善率 44.60%
発症から入棟までの日数 院内 20.0日、新入院 24.8日
病状悪化率 3.70%
平均在棟期間 66.9日
在宅復帰率 79.00%
実績指数(2018年度) 4月52.69、5月49.96

実績指数(2018年度7月)

前月までの6か月間に回復期リハビリテーション病棟を退棟した回復期リハビリテーションを要する状態の患者数  145名
①のうち、実績指数の計算対象とした患者数  135名
②の患者の退棟時のFIM得点(運動項目)から入棟時のFIM得点(運動項目)を控除したものの総和  3135点
②の各患者の入棟から退棟までの日数を、当該患者の入棟時の状態に応じた回復期リハビリテーション病棟入院料の算定日数上限で除したものの総和 68.01
実績指数(③/④)  46.09点

学習会(2017年度)

日時 テーマ 講師 参加数
5月 回復期リハビリ病院協会指針十ヵ条
当院回復期リハビリ病棟の理念と方針
村上PT、亀田Ns 20名
6月 移乗動作の介助法 長田PT、佐藤OT 22名
7月           適切なFIM評価方法 平石Ns 14名
8月 BLS(1次救命処置)実践講習        粟井Dr、岡本Dr 26名
9月    認知症の方との関わり -看護の立場からー          柴崎Ns 19名
10月 薬剤のリスク管理 -糖尿病に関する薬剤ー 竹内薬剤師 17名
11月 栄養の大切さについて考える
ーリハビリと栄養の関係についてー
荒管理栄養士 26名
12月 退院後の介護保険 サービス、
小規模多機能型施設こすもすの紹介
こすもす 前田施設長 21名
1月 回復期リハビリテーションにおける倫理 山口OT 14名
2月 退院後の復職支援
横浜市総合リハビリテーションセンターの紹介
横浜市総合リハビリテーションセンター 渡邉氏 26名

回復期リハビリテーション病棟への転院については、「医療・介護関係者の皆様へ」のページをご覧ください。