神経内科


科の特長

問診、神経症候(症状)の把握に基礎を起き、神経内科診療を行います。
最新で適切な治療、ケア、リハビリテーションを追求します。
若手医師の神経内科教育を積極的におこなっています。
認知症につき、ケースワーカー、医師、看護師などと一緒にチーム診療にあたります。

汐田脳血管センターを前身として特に脳血管障害については伝統的に力を入れています。地域医療を重視し、脳血管障害の急性期(t-PA治療)から回復期リハビリテーション及び在宅医療まで、継続した医療が特長です。
外来診療は物忘れ、頭痛、めまい、しびれ、ふるえ,異常運動、運動麻痺、歩行障害、起立性低血圧を主徴した患者を対象としています。疾患的には脳血管障害、脳炎、髄膜炎、認知症、ギラン・バレー症候群、慢性多発神経炎、平山病に加え、パーキンソン病(症候群)、脊髄小脳変性症、多発性硬化症、ALS、重症筋無力症、多発筋炎、筋ジストロフィなどの神経難病の疾患をおこなっています。

入院診療は主治医制ですが、週2回神経内科スタッフ全員で回診し、グループ診療を行っています。週1回脳外科・神経内科での合同カンファレンスと症例カンファレンスを行なっています。

治療設備

CT、MRI、脳波、頚動脈エコー、筋電図など、理学療法、言語訓練など

医師

氏名 役職名 認定資格 出身大学
南雲清美
南雲 清美
副院長
神経内科部長
日本神経学会専門医、指導医
日本内科学会認定研修指導医
日本脳卒中学会専門医
日本頭痛学会専門医
日本内科学会認定医
横浜市立大学
宮澤由美
宮澤 由美
副院長
神経内科科長
日本神経学会専門医、指導医
日本認知症学会専門医
日本頭痛学会専門医
日本脳卒中学会専門医
日本リハビリテーション医学会専門医
日本内科学会認定医
身体障害手帳、肢体不自由、音声言語聴覚障害指定医
義肢・装具適応判定医師研修修了
認知症サポート医
香川大学
菊池 雷太 神経内科科長 日本神経学会専門医
日本内科学会認定医
昭和大学
廣瀬 真次 神経内科科長 日本神経学会専門医
日本内科学会認定医
宮崎大学
佐野 正彦 医局員 日本プライマリ・ケア連合学会家庭医療専門医
認定産業医
日本内科学会認定医
日本神経学会専門医
高知大学
高島 明美 医局員 日本内科学会認定医 東海大学
中野渡 雅樹 医局員   横浜市立大学

科のスタッフ

顧問:2名
平山 恵造 千葉大名誉教授
河村 満 昭和大客員教授

診療体制

予約の方を優先に診療します。
初診の方は、なるべくお電話でご連絡の上受診してください。

診療のご予約・変更は
午前 12:00~12:50 午後 16:00~16:50
045-574-1011(代表)にご連絡ください。(休診日を除く)
※上記以外の時間はお取次ぎできない場合がございます。

診療体制、各科休診・代診のお知らせ