理学療法


特徴

 理学療法は主に寝返り、立ち上がり、歩行、日常生活動作に必要な心身機能の状態を整え、残存機能や潜在能力を高め、運動能力の向上を図ります。また、生活場面における運動能力向上の実感を促し、社会参加を支援します。急性期、回復期、生活期の各病期に応じ、また、脳血管疾患、運動器疾患、呼吸器疾患など疾患別の最適な理学療法を行っています。

当院理学療法は機能解剖学、バイオメカ二クス、脳科学、神経科学など多角的な視点にて治療を行います。また、理学療法診療ガイドラインなど科学的根拠に基づいた治療を展開しています。

image

理学療法士は日本理学療法士協会に属し、協会生涯学習プログラムなどにて自己研鑽を重ね、大学院学位取得者や認定理学療法士など経験豊かな理学療法士が多数在籍しています。各種学会参加、全国学会や国際学会発表、論文や単行本執筆など学術活動にも積極的に取り組み、水準の高い理学療法を追究しています。

image

理学療法では油圧機構付き長下肢装具など各種下肢装具や免荷式歩行器を用いた運動療法、超音波治療など物理療法、心電図モニターなど各種機器を用いた評価を患者様の状態に応じて行います。理学療法士の治療技術と科学を融合した理学療法を展開しています

image

当院は急性期病棟、回復期リハビリ病棟、地域包括ケア病棟、短時間デイケア、訪問リハビリを有し、すべてに理学療法士を配置しています。また、近隣の急性期病院や介護・福祉機関とも密な連携を行っています。連携を通して、発症前や退院後の状況を考慮した効果的・効率的な理学療法を展開しています。