検査科


職場紹介

地域密着型病院の中規模検査室として個々が多様な検査に対応し、夜間呼出検査対応やサテライト診療所への日常支援を行っています。

院内で実施する項目としては検体検査・各種超音波検査・脳波・誘発筋電図・病理検査・平衡機能検査など幅広く対応し、迅速な結果報告を実践しております。

患者様をはじめ、医師や看護師など職員の要望に応えるべく幅広い知識と技術の習得に日々努めて参ります。

検査科検査科

職場体制

臨床検査技師 16名(常勤職員 12名、非常勤職員 4名)
役職:係長 1名(専任院内感染管理者兼務)、検体検査主任 1名
生理機能検査主任 1名

資格取得者

  • 細胞検査士 1名
  • 2級臨床検査士 2名(循環生理学 1名、血液学 1名)
  • 救急検査士 1名
  • 超音波検査士 2名(循環器 1名、腹部 1名)
  • 毒物劇物取扱責任者 3名
  • 特定化学物質作業主任者 1名
  • 健康食品管理士 1名

職場の取り組み

  • 全日本民医連主導により福島県原発被爆者検診として甲状腺エコー検査を対象者に実施しており、今後も継続して参ります。
  • 2013年度下半期より内視鏡業務に参入し、業務拡大と技術向上を目指します。
  • 各検査機器の更新やシステムのバージョンアップにより、更なる円滑な診療体制を目指すとともに、最新の医療技術提供を実践致します。
  • 医師や他職種を交えた院内学習会の開催や院外学習会への積極的な参加による知識向上、また、各種認定資格取得による専門性追求を念頭に、今後も安全で質の高い検査を提供して参ります。