健康コラム

掲載日:2019年5月1日

年に1回は健康診断を受けましょう


汐田総合病院 健診科 松川 俊義医師

 風薫る新緑の季節、皆様におかれましてはお変わりございませんか。
 私は以前、循環器内科・腎内科を専門にし、高血圧の研究をしていました。病気を早期発見して予防することが大切ですので、そのために健診を受けることが重要だと考えています。

 当院で受けられる検査は内科診察、血液検査(貧血・多血症、肝機能・腎機能などの検査)、検尿、胸部X線、心電図で、基本健診として行っています。

「特定健診」と「がん検診」

 特定健診とは身体検査を基盤に動脈硬化リスク(高血圧、糖尿病、脂質異常等)を調べるもので、検査により心筋梗塞・脳卒中の予防・早期発見・治療へと繋げます。
 この他に市の助成金を使ったがん検診も施行しています。胃癌(バリウム・内視鏡)、大腸がん(便潜血2回法)、肺癌(胸部X線)、乳癌(マンモグラフィ、視触診)、子宮がん(子宮細胞診検査)、前立腺癌(採血)です。横浜市在住の70歳以上の方は無料、他は検査により負担額が異なります。

 また、市内在住の方で1人1回のみ肝炎ウイルス検査(採血)が無料で受けられます。

友の会の割引もあります

 オプションとして、骨密度・脈波図(血管の堅さや詰り具合)・精密眼底検査・胃癌リスク検査(ピロリ菌の有無、胃粘膜の萎縮の程度)・肺癌CT健診・そして費用が高くなりますが、当院ならではの脳ドック(MRI・MRA)があります。

 友の会会員にはそれぞれ割引があります。希望があれば腹部エコー・頸動脈エコー検査もあります。

663-4

生活習慣の改善や早期治療へ

 判定結果は少し厳しくしています。しかし、予防も含めての判定ですから、生活習慣改善のチャンスとして受取って頂きたく存じます。また、受診精査となった項目は病気として受け取り、精査・治療をして欲しいと思います。

 がん検診に関しては、早期発見のチャンスと思って、必要な方はがん検診のすべてを受けるようにして頂きたいです。具体的な症状がある方は健診ではなく、受診をして下さい。健診は年に1回は受けましょう。そして、健康で元気な一生を過ごして頂きたいと思います。