汐田総合病院案内パンフレット

横浜市鶴見区にある汐田総合病院の案内パンフ。地域とともにはぐくむ医療と介護。そこに差別があってはなりません。私たちは、患者さまと共につくる医療、信頼と納得の医療、無差別平等の医療を追求します。


>> P.8

 内科と総合診療科のグループに分かれて診療しています。内科グループは外科と連携し、消化器チームとして早期がんの対応や進行がんの対応、上部下部内視鏡検査や内視鏡による手術などの処置にとりくんでいます。総合内科グループでは救急、プライマリケアや高齢者医療などのニーズに応えています。また、チーム制による教育システムで地域医療を担う総合医の育成に力を入れています。各科のスペシャリストが生活と労働から疾病をとらえ、患者さまの立場にたった親切でよい医療を提供いたします各診療科のご案内 当科は、患者さん目線に立った「安全・安心・確実な医療の実践」を目標とし、鼠径ヘルニアなどの一般外科領域から胃癌や大腸癌などの消化器悪性疾患、その他消化器疾患を中心とした多様な疾患に対応しています。地域医療を重視しつつ、東邦大学の関連病院として大学医局と連携を生かした消化器疾患に対する先進・専門的治療、手術の実践を行っています。手術は日本外科学会指導医・専門医、日本消化器外科学会指導医、内視鏡外科学会技術認定医の指導の下にとりくまれています。外科医療は体にメスを入れる特殊な医療です。より良い結果を得るために、外科医の日々の努力の積み重ねに加え、多職種との連携協力を生かしたチーム医療の実践を通し、安全な医療を提供するように日々努めています。 外来は、腰痛、腱しょう炎、入院では高齢者の骨粗しょう症による骨折が多いのが特徴です。地域医療へ貢献するため、可能な限り患者さまを受け入れられるよう務めています。入院は、急性期からリハビリまでのサービスを一貫して提供しています。 手術は年間160件(2013年度)。大腿骨(太もも)をつなぎとめたり、人工骨に取り替える手術などを多くおこなっています。内 科外 科整形外科8USHIODAように日々努ていいますす医療療を提供すする


<< | < | > | >>