汐田総合病院案内パンフレット

横浜市鶴見区にある汐田総合病院の案内パンフ。地域とともにはぐくむ医療と介護。そこに差別があってはなりません。私たちは、患者さまと共につくる医療、信頼と納得の医療、無差別平等の医療を追求します。


>> P.7

 当院の2015∼2016年の手術件数は年間平均550件です。 日帰りの白内障手術、外科の腹腔鏡下手術、脳外科の血管内手術等多彩な術式に対応が可能です。 当院は一般的な胃カメラ、大腸カメラの検査はもとより、内視鏡を使った、胆のうの検査や胆石治療、胃ろうの増設なども実施が可能です。 2015年度は胃・十二指腸ファイバー1600件、大腸カメラ520件、胃瘻造設43件を実施しました。また、内視鏡下のポリープや腫瘍の摘出など難度の高い処置も実施が可能です。手 術リハビリテーション放射線 24時間365日放射線技師が常駐し保健予防の健診から、緊急対応まで安全、安心の検査が可能です。高性能のCT・MRI、一般撮影、血管造影検査、消化器X線TV検査等も実施可能です。また、「PACS」の導入により法人内事業所間での画像診断が格段に効率化されました。 ジェネラリストとして、薬剤の専門家としてチーム医療にかかわっています。 各病棟の担当薬剤師を中心に、医薬品を安全に使用するための業務を行っています。 入院中に治療継続の動機付けや外来ではなかなか聞けない薬のことを患者さまへわかりやすくお伝えする工夫をしています。今後は、入院してから安心して在宅へ戻れるための薬剤師のかかわりを追及していきます。 その他、通常業務としては以下のことを行っています。●処方の監査・調剤業務●外来化学療法などの注射剤の混注業務●薬剤管理指導業務●ラウンド・カンファレンスへの参加各種委員会への参加●薬剤情報の収集・伝達薬剤部総合ケアセンター室 病院の総合ケアセンター室は従来の医療相談室・地域連携室・居宅介護支援事業所を一体化し、法人及び地域における連携と個別の援助を展開しています。 突然の病気やけがで入院されると様々な問題が生じてきます。私たちは患者さまやご家族の立場にたって、問題解決のお手伝いをするとともに、それぞれの生活に即した切れ目のない援助とサービスを提供できるように対応しています。これまでの多くの地域関係機関の皆様に支えられてきましたが、今後も地域で支えられるケアを密な信頼関係をもとに実践していきたいと考えています。内視鏡 理学療法、作業療法、言語聴覚療法の3部門と介護保険での訪問リハと短時間デイケアで成り立っています。 病院内の対象疾患は脳卒中などの中枢神経疾患が多く、整形疾患・内部疾患等にも対応しております。急性期から回復期、維持期、在宅までの支援を行っており、ALLROUNDに対応できるセラピスト育成を目指しています。新入職員育成や職場内学習を活発に行い、学術活動も積極的に取り組んでいます。【ソーシャルワーカー・ケアマネージャー・地域連携】7


<< | < | > | >>