お知らせ

掲載日:2012年1月5日

新年のご挨拶


新年明けましておめでとうございます

昨年は、東日本の大震災と津波、原発事故、計画停電などを経験した特別の年でした。それらに対して、法人あげての被災地支援を行いながら、計画停電へ対応して非常事態を乗り切りました。大きくは日本という国のあり方が、原発依存の暮らしぶりが、地域防災のあり方が、そして私たちの活動理念が問われた日々でもありました。日ごとにその問いかけが薄らぐことのないように、被災地と被災者への思いを忘れずに今後も過ごしたいと思います。

さて今年度は、当法人では旧病院地域での新設診療所の建設、病院増改築と協会本部移転、公益財団法人への移行などを、グループ法人では小規模多機能型居宅介護事業所の設立など、多くの課題に取り組む予定です。社会保障と税の一体改革やTPPへの参加問題などで医療を取り巻く環境変化が一層懸念されますが、医療と介護の連携強化の必要性を念頭に地域に根を張る一般病院としての基盤整備を進めたいと考えています。

本年もよろしくお願いいたします。

二〇一二年 一月

汐田総合病院 院長 窪倉 孝道