お知らせ

掲載日:2010年1月6日

座談会「切れ目のない医療・介護のネットワークづくり」


明けましておめでとうございます。

昨年9月の総選挙で自民党が大敗し、民主党を中心とする新しい政権が生まれました。

新しい政権のもとで社会保障はどうなるのか、協会グループとして急性期から入院・リハ・在宅・介護などの医療をどのように展開していくのか、新年の抱負などについて座談会をおこないました。

その内容を「暮らしとからだ」1月号に掲載しました。PDFファイルをアップしましたのでぜひご覧ください。

<内容>
1,医療崩壊の中、医師・看護師確保で前進、2,包括評価する会計方式(DPC)の導入とは、3,3つの施設を一体化した新汐田診療所、4,今まで以上に病院との連携を、5,在宅をささえるネットワーク、6,新診療所でも在宅医療を展開

gambling online casino border-right: 0px” title=”座談会の記事2面” border=”0″ alt=”座談会の記事2面” align=”left” src=”http://www.ushioda.or.jp/wp-content/uploads/2010/01/zadankai2-thumb1.jpg” width=”270″ height=”391″ />

座談会の記事1面

上の画像をクリックすると拡大表示します。