健康コラム

掲載日:2018年4月2日

美しい歯をつくる食事 歯にいい食べ物ベスト10


汐田総合病院 歯科・口腔外科
山下美奈子歯科衛生士

①リンゴ歯のエナメル質を強くするビタミンAが豊富です。また、口臭対策で有名な、なた豆の薬効である殺菌・抗炎症作用もあります。

②イチゴイチゴの甘味成分は、ガムでおなじみのキシリトール。この成分が歯のくすみをとることができると言われています。

③パイナップルパイナップルにはパパインが多く含まれ、たんぱく質を分解する力があり、歯に好影響を与えると言われています。

650-1

④ごまセサミンには老化を進行させる活性酵素を抑える作用があります。さらにカルシウム・鉄分・リン・ビタミン類など歯の健康に役立つ栄養も豊富に含まれています。

⑤ブロッコリー歯にとって大事な成分となる鉄分が豊富に含まれています。また、生のブロッコリーに含まれるビタミンCはレモンの2倍!ビタミンCは歯肉を構成するコラーゲン線維に働きかけ、歯肉の出血や炎症を抑えるため、歯周病予防に効果があると考えられています。

⑥セロリ繊維質が豊富な食材のため噛みごたえがあり、よく噛むことで唾液の分泌を促進し、歯垢が蓄積しにくくなります。

650-2

⑦生姜ショウガオールという成分が含まれ、口の中の組織の健康を維持するため、抗炎症効果、抗酸化作用、消炎・鎮痛効果があると言われています。

650-3

⑧乳製品乳酸菌は歯の衰えを予防する効果があると言われています。チーズはたんぱく質、カルシウム、リンが豊富で、口の中の酸を保護する働きがあります。

⑨鮭ビタミンDとカルシウムを多く含んでいます。これらが不足すると歯の再石灰化が不十分となります。

ナッツ類ナッツ類はカルシウム・リンなどのミネラル、食物繊維、ビタミン類、たんぱく質が豊富です。中でもアーモンドには骨の成長を促すマンガンや亜鉛が多く含まれます。

650-4

色々な食材をまんべんなく食べて、歯にいい食生活をおくりましょう!!