健康コラム

掲載日:2018年3月6日

花粉症対策の基本と治療「舌下免疫療法とは?」


汐田総合病院 耳鼻科 塩野久子医師

 年々花粉症患者の増加と低年齢化がすすんでいますが、花粉症シーズンまっただ中、みなさんの鼻や目の具合はいかがですか。今年の花粉量は昨年より多いと予想されていますので、辛い思いをしている方も多いのではないでしょうか。

花粉症対策の基本

 花粉症対策の基本は、花粉に反応しにくい体作りと花粉を体内に取り込まないことです。初期治療は花粉が飛び始める頃や軽く症状が出てきた時点で薬を開始する方法で、症状が出る期間を短縮したり最盛期の症状を軽くしたりすることができます。また、今回紹介する舌下免疫療法という治療もあります。

舌下免疫療法

649-2

 スギ花粉のエキスを少量から舌下に投与して花粉に体を慣らし、症状を出にくくする治療です。花粉症の季節にかかわらず、3~5年毎日投与を続ける必要がありますが、自宅で行うことができます。

どんな人にお勧め?

 スギ花粉症に悩む人の中で、特に次のような人にはお勧めしたい治療です。12歳以上の小児から行うことができます。

  • 複数の薬を使用しても十分な効果が出ない人
  • 眠さなどの副反応で薬の使用が難しい人
  • 使う薬を減らしたい人
  • 屋外で働く人や学生さんなど花粉を浴びる機会の多い人
  • 花粉の時期に受験を控えている人
  • 数年以上先に妊娠を考えている人

治療開始の時期は?

 花粉の飛んでいる期間には開始できませんが、6月から11月頃までの間で治療を開始することができます。当院耳鼻科外来に舌下免疫療法の紹介パンフレットを用意しましたので、ご覧ください。

花粉症対策

【ご自宅で】
日中ドアや窓を閉めておく/洗濯物・布団の外干しは避ける/干したら、よく花粉を落とす/こまめに室内を清掃する/空気清浄器を利用する

【外出時など】
花粉情報に注意して、花粉の多い時の外出を避ける/メガネ・マスク・帽子を着用する/花粉が付きにくい衣類を着用する/屋内に入る前に花粉を払う/帰宅したら、早く花粉を落とす(着替え・洗顔・洗眼・うがい・シャワーなど)