耳鼻咽喉科


科の特長

一般耳鼻咽喉科診療のほか、めまい・難聴・耳鳴りに対しての精査加療を行っており、各種聴覚検査、重心動揺計や電気眼振計による平衡機能検査を行っています。めまい・難聴・耳鳴りは難治性のことも多いため、できる限り時間をとって症状の聞き取りと説明を行い、患者満足度を上げるように対応を工夫しています。

治療困難な難聴者に対しては、補聴器相談の場を設けています。また、水曜日担当の和田医師は東邦大学医学部教授で、慢性副鼻腔炎を中心とした鼻副鼻腔疾患を専門としています。

診療状況

外来は常勤医と非常勤医が連携して担当しています。2008年より外来診察の単位を増やしたため、午前を中心に一日平均患者数は増加傾向にあります。一般外来診療のなかで処置や救急患者への対応をするため、予約診療は行っていません。その他、火曜日午後に補聴器相談、金曜日午後に外来小手術を予約で行っています。

入院は急性感染症・めまい・急性難聴・顔面神経麻痺患者が主で、入院手術や重症疾患患者の入院については行っていません。

医療設備

ファイバースコープ、聴力検査室(各種聴覚検査機器) 平衡機能検査室(電気眼振図、重心動揺検査)

医師

氏名 役職名 認定資格 出身大学
塩野久子
塩野 久子
耳鼻咽喉科科長 日本耳鼻咽喉科学会専門医
補聴器相談医
めまい相談医
東邦大学

科のスタッフ

常勤:1名

火曜日午後、水曜日一日、木曜日午後、土曜日午前:東邦大学非常勤医師

診療体制、各科休診・代診のお知らせ