治療計画の説明について(クリニカルパス)


クリニカルパスとは

クリニカルパス(両眼白内障手術)ある病気の治療や検査に対して、標準化された患者様のスケジュールを表にまとめたもので、1つの治療や検査ごとに1つずつ作られています。

クリニカルパスには、患者様が入院してからの食事や処置、検査・治療、そのための準備退院後の説明等が日ごとに詳しく説明されています。

クリニカルパスを患者様にお渡しするのはなぜ?

クリニカルパスには、患者様の入院後のスケジュールが詳しく記されています。手術後、いつからお風呂に入れるの?点滴はいつ外せるの?といった基本的な入院中生活が分かりやすく書かれていますので、入院生活をスムーズに進めていただけると考えております。

なお、クリニカルパスがまだ作成されていない病気や検査もあります。また、患者様の状態によって標準的なスケジュールと異なる場合があります。

当院のクリニカルパスの目標

  • 医療を標準化する
    医療の標準化とは、病気に対し科学的根拠に基づいた処置や治療を一定の質を保ちながら行うことです。クリニカルパスを使用することにより、科学的根拠に基づいた治療ができ、無駄な検査や投薬を減らすことも可能です。
  • 情報を共有化し、チーム医療を実現する
    当院のクリニカルパスは医師、看護師、薬剤師、検査技師、放射線技師、栄養士、その他、多職種にて作成されています。その為、出来上がったクリニカルパスは、各専門分野からの意見を元に科学的根拠に基づき作成されています。
  • 患者様、ご家族への説明用紙として、問題点を共有する
    クリニカルパスをお渡しすることにより患者様は入院中のスケジュールを把握することができ、より安心して治療や検査を受けていただけると考えています。

クリニカルパス一覧

内科

外科

眼科

整形外科

脳外

耳鼻科

リハビリ