沿革と概要


沿革

2001年 新病院移転新築
2002年 回復期リハ病棟開設(療養病棟)
2003年 療養病床届出、在宅支援病床開設 救急受け入れ方針変更(かかりつけ、高齢者、日常疾患、地域中心の救急へ )、病院機能評価受審
2004年 病院機能評価認定
2005年 増床申請認可⇒療養病棟建設開始
2006年 療養病棟増設(42床)、在宅支援診療所開設、三池訪看移設、総合ケアセンター構想、SCU開設
2007年 東部中核病院開設・連携開始、医師臨床研修開始、病床再編(外来救急病棟開設、障害者病棟開設)、増床申請認可 2008年病院VISION/5事業計画策定、DPC準備の開始、療養病床増床(3床)、ケアセンター室開設
2009年 5事業計画に基づく病棟再編成、病院機能評価再受審 ⇒認定
2010年 7:1看護開始、DPC運用開始
2011年 救急搬送受入病院連携支援モデル事業参画、認知症医療介護連携ネットワークつくり調査事業参画
がん治療支援病床の開設、がん地域連携への参画、電子カルテによる病診ネットワーク形成
2012年 医療療養(5床)・回復期(7床)の増床実現、強化型在宅療養支援診療所との連携
小規模多機能型居宅介護事業所(法人)との連携、中核病院との更なる連携強化の模索
近隣特養との医療サービス提携計画、回復期リハ病棟 Ⅰを取得
2013年 横浜市二次救急拠点病院Bの取得

2001年以前の沿革はこちらをご覧ください。
公益財団法人 横浜勤労者福祉協会ホームページ http://www.ushioda.org/_030

概要

院長 小澤 仁
所在地 神奈川県横浜市鶴見区矢向1丁目6番20号
延床面積 SRC造8階建 11,957.19㎡(3,627坪)
一部RC造2階建 2,334.99㎡(368坪)
病院延床面積 12,565.23㎡(3,446坪)
老健延床面積 1,741.84㎡(550坪)
病床数 261床(一般 104床、回復期リハ 58床、地域包括ケア病床 99床)
駐車場 58台〈内障害者用2台)

職員構成(2014年4月1日現在)

医師 39名 薬剤師 11名 看護師・助産師(助手含) 177名
理学療法士 39名 作業療法士 25名 言語聴覚士 7名
臨床検査技師 12名 臨床放射線技師 13名 臨床工学士 1名
管理栄養士 4名 調理師 4名 ソーシャルワーカー 4名
視能訓練士 1名 事務 41名 介護支援専門員 3名

診療科目

内科 神経内科 小児科 精神科 外科 整形外科
脳神経外科 婦人科 皮膚科 耳鼻咽喉科 眼科 歯科
泌尿器科 リハビリテーション科      

病院認定(2014年4月1日現在)

基幹型臨床研修病院、日本脳神経外科専門医研修プログラム施設、日本脳卒中学会研修教育病院認定施設、日本神経学会専門医制度教育施設、日本認知症学会専門医教育施設、日本内科学会認定医制度教育関連病院、日本外科学会専門医制度修練施設、日本整形外科学会専門医制度研修施設、日本眼科学会専門医制度研修施設、日本消化器内視鏡学会指導施設、看護及び介護臨地実習施設

施設基準

(1)基本診療料の施設基準

  • 歯科外来診療環境体制加算
  • 一般病棟入院基本料(7対1)
  • 療養病棟入院基本料1
  • 在宅復帰機能強化加算
  • 臨床研修病院入院診療加算1
  • 救急医療管理加算
  • 診療録管理体制加算
  • 医師事務作業補助体制加算2(15対1)
  • 急性期看護補助体制加算(50対1)
  • 夜間100対1急性期看護補助体制加算
  • 看護職員夜間配置加算
  • 特殊疾患入院施設管理加算
  • 療養環境加算
  • 重症者等療養環境特別加算
  • 療養病棟療養環境加算1
  • 医療安全対策加算1
  • 感染防止対策加算1
  • 患者サポート体制充実加算
  • 退院調整加算
  • 救急搬送患者地域紹介加算
  • 救急搬送患者地域受入加算
  • 総合評価加算
  • データ提出加算1のロ
  • 回復期リハビリテーション病棟入院料1
  • 体制強化加算
  • リハビリテーション充実加算

(2)特掲診療料の施設基準

  • がん性疼痛緩和指導管理料
  • がん患者指導管理料1
  • がん患者指導管理料2
  • 小児科外来診療料
  • 院内トリアージ実施料
  • 夜間休日救急搬送医学管理料
  • ニコチン依存症管理料
  • 地域連携診療計画退院時管理料Ⅰ(大腿骨頸部骨折、脳卒中)
  • がん治療連携指導料
  • 薬剤管理指導料
  • 医療機器安全管理料1
  • 検体検査管理加算(Ⅰ)
  • 検体検査管理加算(Ⅱ)
  • 神経学的検査
  • CT撮影及びMRI撮影
  • 抗悪性腫瘍剤処方管理加算
  • 外来化学療法加算2
  • 無菌製剤処理料
  • 脳血管疾患等リハビリテーション料(Ⅰ)
  • 運動器リハビリテーション料(Ⅰ)
  • 呼吸器リハビリテーション料(Ⅰ)
  • 集団コミュニケーション療法料
  • 歯科口腔リハビリテーション料2
  • 脊髄刺激装置植込術及び脊髄刺激装置交換術
  • ペ-スメーカー移植術及びペースメーカー交換術
  • 医科点数表第2章第10部手術の通則5及び6に掲げる手術
  • 胃瘻増設術
  • 胃瘻増設時嚥下機能評価
  • 輸血管理料Ⅱ
  • 血適正使用加算
  • 麻酔管理料(Ⅰ)
  • クラウン・ブリッジ管理料
  • 酸素の購入単価 LGC 0.25円/L 小型ボンベ 1.80円/L

(3)入院時食事療養の施設基準

  • 入院時食事療養(Ⅰ)
  • 特別食事加算
  • 食堂加算