うしおだ総合ケアセンター


横浜勤労者福祉協会うしおだ総合ケアセンター

私たちは鶴見地域で50年にわたり「患者さんの立場に立って親切でよい医療」を目標に、医療・福祉・介護の総合サービスの提供を実践してきました。汐田総合病院には、急性期のみならず、回復期リハビリステーション病棟、地域包括ケア病棟があります。そしてうしおだ老健やすらぎが併設されています。また法人内に、在宅生活を支える様々な資源を作ってきました。そういった資源を有機的に生かし、21世紀にふさわしい「ケアの精神」を実践することが「横浜勤労者福祉協会うしおだ総合ケアセンター」の役割です。

退院・在宅療養まで

退院・在宅療養まで

患者さん、利用者のみなさんを第一にケアを組みたてています

ケアセンター室は、従来の医療相談室、地域連携室、居宅介護事業所を一体化しました。突然の病気やけがで入院されると様々な問題が生じてきます。わたしたちは、患者さんやご家族の立場に立って、問題解決のお手伝いをするとともに、それぞれの生活に即した援助と、切れ目のないサービスを提供できるように展開していきます。これまでも多くの地域関係機関の皆様に支えられてきましたが、今後も地域で支えられるケアを密な信頼関係をもとに実践してゆきたいと考えています。

「医療相談」についてはこちらもご覧ください。 http://www.ushioda.or.jp/_20/_05/_01

汐田総合病院

●外来
専門的・急性治療はもちろん、緩和治療や慢性疾患治療など、総合的診療を行っています。幅広い治療を行います。

●急性期
地域の患者さん・かかりつけの患者さんを中心に、発症間もない疾患の治療を早期に集中して行います。

●回復期
脳血管疾患、下肢骨折等の回復期のリハビリを専門に行っております。日常生活、動作能力の向上、在宅復帰を目標としています。

●地域包括ケア病棟
地域包括ケア病棟は、急性期と在宅の橋渡しとして新設された病棟です。
病院から在宅復帰や、在宅患者様の支援など、地域包括ケアシステムにおける中核的な役割を担う機能を持つ病棟として位置づけられています。
院内と地域の他職種協働により、最高60日間を目安に在宅・生活復帰を目指す病棟です。

うしおだ老健やすらぎ

明るく家庭的な雰囲気を大切にした―鶴見区唯一の介護老人保健施設です。介護が必要な方々へ生活の自立と家庭復帰に向けて、さまざまな支援を行います。地域に開かれた施設として運営しています。

うしおだ在宅クリニック

当院は汐田総合病院・うしおだ診療所・うしおだ訪問看護ステーションとの連携により24時間緊急時対応診療所(在宅療養支援診療所)として在宅患者さんご家族が安心して在宅療養が行われるように援助しております。

うしおだ訪問看護ステーション

家庭で安全・安楽に過ごせるように援助や介護の方法について支援します。やさしさときびしさをもって看護師が自宅まで訪問します。